Pocket

肌が乾燥した時に慌てて高価な美容液やクリームを塗るよりも乾燥しない肌作りが大事です。
乾燥肌を予防し、悪化させないためにもスキンケアの基本を見直しておきましょう。

そもそも乾燥肌ってどんな状態?

乾燥肌というと秋冬をイメージする人も多いと思いますが、エアコンや紫外線の影響による乾燥肌も多く春夏も油断できません。

肌の水分や油分が不足するため手触りが悪くなる、粉を拭く、皮がむけるといった症状が出ます。乾燥肌は角質層のバリア機能が衰えている状態で、外部からの刺激にも敏感になっています。

そのため、乾燥肌と敏感肌は紙一重の状態と言って良いでしょう。原因としては加齢や外気の乾燥、不規則な生活やストレスなどが考えられます。また、間違ったスキンケアも乾燥肌を招く要因になるため注意が必要です。

覚えておきたい基本的なスキンケア

肌を乾燥させないためには正しいスキンケアで健康な肌の状態を保つことが大事です。基本的なスキンケアの手順は、汚れを落として保湿するというシンプルなものものですが保湿の方法にも色々ありますよね。

化粧品メーカーによって多少の違いがあるものの、水分を与える化粧水、油分を与える乳液やクリームという順番が一般的です。汚れを落とす時には必要な水分や油分まで洗い流さないマイルドな洗浄力の洗顔料を使うようにしましょう。

化粧水は肌内部まで潤す成分が配合されたものを選び、しっかり押し込むように馴染ませます。乳液、クリームは油分が控え目でも保湿成分や美容成分が配合されたものを選べば、しっかり潤いをキープできます。

乾燥しやすい目元や口元には重ねづけするとより効果的に保湿できそうですね。

乾燥肌には何よりも保湿が重要

肌にはもともと回復力が備わっているので、ダメージを受けても自然に回復します。しかし、ダメージを与え続けていると角質層のバリア機能が回復することなく肌が乾燥するという悪循環に陥ります。

それを防ぐためにも基本的なスキンケアで保湿して、回復を手助けしてあげる必要があるのです。基本的なスキンケアをきちんと行っていれば肌に必要な水分や油分を届けることができ、肌を回復に導いてくれます。乾燥に気づく前に基本的なスキンケアでの保湿を怠らないことが大切ですね。

誰かにきちんと教えてもらったわけでもなく、何となくでスキンケアをしている人は多いかもしれません。
肌が乾燥しているなと思ったらいつものスキンケアに間違ったところがないか、もう一度見直してみるのも良いかもしれませんね。