Pocket

乾燥肌がひどくなるとスキンケアだけでは追いつかず、さらに乾燥が悪化するということにもなりかねません。そうならないためにも体の内側からできるサプリメントでの乾燥肌ケアを始めてみませんか?

サプリメントで乾燥肌はケアできる?

サプリメントを飲んでも配合されている成分が直接肌に影響を与えるわけではないので無意味だという意見もあります。

しかし、研究が進むにつれてサプリメントでも、乾燥を抑える効果が得られるということがわかってきたようです。もちろん、乾燥肌用に販売されているサプリメントの全てが効果的と言えないのも事実です。

まだ、同じ成分でも体に吸収されやすく乾燥対策になるものとそうでないものがあります。
サプリメントで乾燥肌をケアしたいのなら、しっかり効果を発揮してくれる成分、体に吸収されやすい成分を選ぶことが大事です。

乾燥肌におススメ成分を配合したサプリメント

乾燥肌をケアするサプリメントの成分としてはヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタが一般的です。ヒアルロン酸には1gで6リットルの水分保持量がありますが、吸収率は高くありません。

サプリメントとして摂取するのなら低分子化されたものがおススメです。単体のアミノ酸を多く含むプラセンタは吸収率が高く乾燥肌ケアに効果的と言われています。

特に馬由来のプラセンタはアミノ酸量が多いため、豚由来のプラセンタよりも効果が期待できるでしょう。コラーゲンのサプリメントはビタミンCと一緒に摂取すると、さらに効果が期待できます。同じ成分でも大きさや種類で効果が変わってくるので、成分表示は良く確かめてくださいね。

日常生活に取り入れたい肌水分量を高める食習慣

サプリメントでも乾燥肌のケアは可能ですが、内側からの乾燥ケアでもっとも大事なのは食事です。卵や肉、乳製品に含まれるたんぱく質は肌に欠かせないものですが、ダイエット中だと厳しく制限している人も少なくありません。

また、外食が多いとビタミン類が豊富な野菜不足になりがちで、肌の乾燥が進むこともあります。
特定の栄養で一気に乾燥肌が治ることはありませんが、栄養が偏ると慢性的な乾燥に悩まされてしまうでしょう。サプリメントだけでなく、規則正しく栄養バランスの整った食事をすることも乾燥肌ケアには大事なことです。

乾燥肌ケア対策のサプリメントは成分選びがポイントです。肌に良さそうなイメージだけで選ぶのではなく、効果や吸収率も考慮して選んでくださいね。