Pocket

普段口にしているものが体を作ると言われますが、肌にとってもそれは同じです。食べ物や飲み物で悩みの乾燥肌が改善できれば、スキンケアの効果も上がって乾燥によるトラブルも防げそうですね。

食べ物や飲み物は乾燥肌に与える影響

人間の体を作り、生命を維持するために必要な栄養素は食べ物や飲み物から摂取します。栄養が偏ったり不足したりすると肌を作り出すために必要な成分が不足し、健康な肌に生まれ変わるサイクルも乱れます。


肌のターンオーバーの乱れは角質層のバリア機能の衰えにも繋がるため、肌の乾燥が加速することにもなりかねません。逆に言えば必要な栄養がきちんと取れていれば、最低限のスキンケアでも健康な肌でいられるということです。


また、老化や肌への刺激によって失われる水分量が増えた時には、それを補うための栄養も必要です。
化粧品で外側から行うスキンケアだけでなく、乾燥しない肌を作るための食べ物や飲み物によるスキンケアも忘れないようにしましょう。

乾燥肌のケアができる飲み物

乾燥が気になるときの飲み物は冷たい物よりも温かい物がおススメです。ビタミンが豊富なハーブティーや体を温めてくれるジンジャーティーは、ティーバッグもあるので簡単に飲めます。


野菜ジュースやフルーツジュースもビタミンを摂取できますが、体を冷やす心配があるので量は控えたほうが良いですね。ジューサーやミキサーを使って自分で作るジュースは、酸化しやすい砂糖や添加物が入っていないので安心です。


ミネラルが豊富な麦茶やハトムギ茶は冷やして飲むことも多いですが、乾燥肌をケアする場合は温かい物を飲むようにしましょう。コーヒーや紅茶などのカフェインは体を冷やしてしまうので、飲み過ぎには注意してくださいね。

乾燥肌のケアができる食べ物

肌を作るために必要な栄養素は色々ありますが、タンパク質や脂質、ビタミン類をバランス良く摂ることが大事です。


中でもビタミンAは肌を作るために大事な栄養素なので不足しないよう緑黄色野菜や卵、レバーなどから十分に摂取しましょう。


大豆製品は高タンパク低カロリーでダイエット中でも安心して食べられますし、その他の栄養もたくさん含まれています。1日3食に分けて必要な栄養を摂ることで、乾燥肌をケアできるだけでなく健康な体を作ることもできますね。


食べ物や飲み物に少し気をつけるだけで乾燥しやすい肌を健康な肌に変えられます。体質的に乾燥肌だからと諦めている人こそ、体の内側から肌を変えていくケアが必要です。