Pocket

普段は肌の乾燥が気にならない人でも、空気が乾燥しやすい秋から冬にかけて乾燥肌に悩まされることが少なくありません。乾燥しやすい季節でも潤いのある肌を保つにはどんなケアが必要なのでしょうか。

どうして冬の肌は乾燥するの?

秋から冬にかけて気温が下がり始めると血管が収縮し、肌に必要な栄養分が行き届かなくなります。そうなると肌の代謝機能が衰え、古い角質が剥がれ落ちない、ターンオーバーの周期が乱れるというトラブルが起きてしまうのです。

それに加えて冬場は気温だけでなく湿度も低いので肌表面の水分が奪われがちです。水分を保持できない状態になった肌から、さらに水分が奪われることで乾燥肌の症状が出やすくなります。

また、乾燥した肌が痒くてかいてしまうと肌が傷つき、乾燥肌を悪化させることもあります。乾燥肌に適したケアをすることで、嫌な痒みも乾燥自体も抑えるのが最善の方法ですね。

乾燥肌に良くない冬の生活習慣

寒い夜に熱いお風呂に入るのは格別ですが、熱いお湯から出た後の肌は乾燥しやすい状態です。乾燥を防ぐにはぬるめのお湯にじっくりと浸かり、血行を促進するという入り方の方が良いでしょう。朝起きた時に寒いからとエアコンをつけっぱなしで寝るのもおススメできません。

一晩中乾燥した部屋にいれば肌がカサカサになってしまうのも当然ですよね。布団を一枚増やす、パジャマを温かい素材に変えるなどエアコン以外の寒さ対策を心掛けてください。

冬におススメの乾燥肌ケア

冬はいつも以上に保湿を中心としたスキンケアをすることが大事ですが、それと同時に周囲の湿度を上げることも必要です。肌の水分が奪われないよう加湿器などで部屋の湿度を保つだけでも、乾燥肌の悪化を防げます。

血行が悪くなりがちなので温かい飲み物や食べ物で血流を良くすることも大切です。栄養が偏らないよう食事に気をつければ、内側からの乾燥肌ケアにもなります。

また、特に乾燥しやすい季節は保湿効果の高い美容液をプラスしても良いかもしれません。コラーゲンやセラミド配合の美容液なら、弱った肌のサポートをしてくれるでしょう。冬に必要な乾燥肌のケアは、自分の肌も周りの空気も乾燥させないことが第一です。

温かくなれば肌も元通りになるからと乾燥肌を放置すると深刻な肌トラブルに繋がることもあります。肌が乾燥したと思ったら体の外側からのケアと内側からのケアで、早めに潤いを取り戻す努力をしましょう。