Pocket


夏は皮脂分泌も盛んで汗もかきやすいせいか、一見すると乾燥とは無縁のしっとり肌に思えますよね。しかし、肌の内側では深刻な乾燥が進んでいることもあるそうなので、夏でも乾燥肌対策は欠かせません。

夏でも肌が乾燥する原因

肌が乾燥して白くなったり痒みが出たりするのは、冬のように気温持湿度も低い時だけというイメージですよね。しかし、実際には夏でも肌は乾燥していますし、厄介なことに自分ではそれに気づかないうちに悪化していることもあります。


夏の肌が乾燥する原因には紫外線やエアコンによる乾燥に加えて、スキンケアでの保湿不足が挙げられるでしょう。


紫外線の中でもB波は肌表面の水分を蒸発させることから、乾燥を引き起こしやすいと言われています。また、紫外線によって傷ついた肌はバリア機能が衰えるため、肌内部に水分を保持できません。夏は気温も湿気も高いものの室内ではエアコンで気温も湿度も下がるため、これも乾燥の原因となります。

夏の乾燥肌は冬よりも深刻って本当?

冬の乾燥肌は表面的に粉を拭く、突っ張るなどの変化が現れるわかりやすい乾燥です。それに対して、夏の乾燥肌は内部が乾燥するインナードライと言われる状態になっています。肌を触ると潤いがあるように思えるけれど、内部はカサカサ、肌表面の潤いも本来の皮脂膜ではなく汗ということが少なくありません。


べたつくのが嫌で夏はクリームや乳液を使わない人もいますが、それが夏の乾燥肌をさらに加速させます。乾燥肌には早めのケアが大事ですが、夏の乾燥肌は知らない間に進行しているので特に注意が必要です。

トラブルに打ち勝つ夏の乾燥肌対策

夏の肌を乾燥させないためには、乾燥しやすい冬同様の保湿ケアが大事です。とはいえ油分の多いクリームなどは着け心地も悪いので、保湿成分配合のジェルでのお手入れが良いかもしれません。日焼けも乾燥の大敵なので日焼け止めも塗り忘れないようにしましょう。


エアコンをつける時には温度だけでなく湿度もチェックして、60%前後をキープすることが大事です。暑いとシャワーだけで済ませてしまうかもしれませんが、湯船につかることで血行が良くなり肌の調子も整います。乾燥肌に打ち勝つには、汗や皮脂と潤いは別と心得て乾燥対策をすることが大事ですね。


夏だからといって保湿ケアに手抜きせず、肌の潤いを守ることで乾燥肌対策ができます。
紫外線対策と合わせて夏にも保湿が必須だということを覚えておきましょう。