Pocket

ニキビというと皮脂分泌が多く脂っぽい肌にできるもので、乾燥肌には関係ないと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、乾燥肌でもニキビはできますし、乾燥しているせいでニキビ跡が消えにくくなることもあります。

乾燥肌でもニキビができるの?

皮脂が毛穴に詰まるとニキビができますが、乾燥肌でも同じように皮脂が毛穴に詰まります。肌が乾燥していれば皮脂の分泌も少ないはずなのにと考えると不思議ですよね。


しかし、皮脂分泌量が少なくても乾燥によって厚くなった角質層が毛穴を塞げば、皮脂が肌表面に出られずニキビができてしまいます。


また、乾燥肌をケアするために油分の多いクリームなどを使ってもニキビができやすくなります。乾燥とニキビの両方をケアするためには、油分だけに頼っていてはいけないということですね。

ニキビ跡を悪化させないためにも保湿が重要

乾燥肌のケアはニキビだけでなくニキビ跡を悪化させないためにも大事なことです。肌のターンオーバーが正常に行われていればニキビ跡は自然に消えていきます。


ただし、乾燥肌によってターンオーバーが乱れた肌はニキビ跡が残りやすく、ニキビ自体も治りにくいものです。


これを防ぐためには角質層が厚くなるのを防ぎ、肌の生まれ変わりを促す保湿ケアが必要です。皮脂がニキビの原因だからといって皮脂を取り過ぎると逆に皮脂分泌が増えることもあります。


この場合、皮脂を減らすのではなく肌の水分量を増やすスキンケアが効果的です。水分と皮脂のバランスを取り、肌表面に皮脂膜ができれば水分の減少を防ぐこともできますね。

乾燥ニキビとニキビ跡対策におススメのスキンケア

乾燥とニキビの両方をケアするには、水分量を増やす成分、肌の水分を保持できる成分に注目しましょう。コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸配合で油分の少ない乳液やジェルを使えば、毛穴を詰まらせず保湿ができます。


また、ニキビができやすい部位とそれ以外の部位でスキンケアアイテムを変える方法もあります。こうすれば、ニキビと乾燥に必要なケアができどちらも早く改善されそうですよね。乾燥肌でニキビができる時は、どちらかに集中したケアでなく部位ごとに丁寧にお手入れすることが大事です。


一つでもできると憂うつなニキビと合わせて、乾燥肌のケアまでしないといけないのは大変です。乾燥を防いで正常な角質層を保つことを心掛けるようにしておけば、ニキビができにくい肌にもなれますね。