Pocket

乾燥肌と脂性肌は全く正反対のように思えますが、そうとばかりは限らずどちらの悩みも抱えている人は少なくありません。


オイリーなのに乾燥している肌には、どんな乾燥肌ケアが必要なのでしょうか?

オイリー肌と乾燥肌はどう違う?

肌がカサカサして痒みがある、洗顔後にツッパリを感じる肌は乾燥肌といって良いでしょう。これは肌の水分不足やバリア機能が衰えた状態で、水分がどんどん蒸発してしまうために乾燥肌になります。


逆にオイリーな肌は皮脂でテカるニキビができやすい状態で、過剰に分泌された皮脂が原因です。2つの肌は全く逆と言っても良い状態ですが、これが一つの肌の上に混在することもあります。それがオイリーなのに肌が乾燥している状態で、どちらのケアを優先すれば良いのか迷いますよね。

ベタつきと乾燥が同居するのは脂性乾燥肌かも

皮脂のベタつきと乾燥の両方を感じる、或いは交互に症状が出る場合は脂性乾燥肌かもしれません。インナードライ肌とも言われる脂性乾燥肌は、水分量よりも油分が多くバランスの悪い肌とも言えます。


このバランスの悪さがカサつくのにニキビができるという困った状況の原因です。角質層が水分を留めることができず、肌のターンオーバーも乱れているため毛穴が詰まりやすくニキビができてしまいます。ニキビ予防のために皮脂を減らすケアをすると肌表面が乾燥し、さらに皮脂分泌が盛んになるという特徴もあります。


まずは、乾燥を防ぐために肌に水分を補給する保湿ケアをすることが、脂性乾燥肌の改善になるでしょう。

脂性乾燥肌におススメの乾燥肌ケア

脂性乾燥肌のスキンケアは、肌内部の潤いを保つ成分を重視して選びましょう。ヒアルロン酸やセラミド配合の化粧水や美容液で肌の内側を潤した後、少量の油分で蒸発を防ぐイメージです。皮脂の分泌量が多すぎる時は、ビタミンC誘導体など皮脂分泌をコントロールする成分も有効でしょう。


ただし、皮脂が多いからといって洗顔の回数を増やして皮脂を取り過ぎるのはNGです。皮脂不足だと肌が判断してさらに皮脂を分泌してしまうので、必要な皮脂を残すケアが大事です。脂性乾燥肌は2つのタイプが混在しているものの、ケアとしては乾燥肌ケアの方が重要ということですね。


乾燥肌、脂性肌とはっきり分かれている人も季節や生活の変化で脂性乾燥肌になることがあります。
自分の肌の状態をしっかりと見極めて、その時の肌の状態に合ったケアをすることで乾燥肌も脂性肌も改善できるでしょう。